塾に行かずに中学受験はできるか?その本質に迫ると?

塾に行こうが行くまいが、その子の勉強量が充分であれば、
当然合格できるに決まっています。

きちんと、子どもたちに勉強する教材を提供し、フォローし続けられれば、
お父さん、お母さん、そして子どもたちも安心して勉強するし、
結果もついてくるだろうと思います。

  • 塾というのはひとつの選択肢であり、
    親が考えるべきは子どもにふさわしい環境をどう作るかだけだと思います。


  • それは、すべての子どもによって異なるため、
    厳しい言い方ですが、周りと比較することすらナンセンスではないでしょうか。

    そして、実際に塾に通っていても
    「勉強していない」子が少なくないという事実にも目を向けてください。

    塾に行っているから、勉強している、ということにはなりません。

    つまり、勉強している雰囲気ではあるし、授業には参加しているけど、
    実は勉強していない。習ったことがうまく理解できず、
    また復習もできないから、そのままになる。

    これはやはり時間のムダだから、何かやり方を変えればいいのだが、
    もとより塾の方はやめさせる気はないし、お父さん、お母さんも
    「そのうち何とかなるのではないか」と思ってしまうのですが、まず何とかなりません。

    塾に行かずに合格できるし、塾に行っても合格できない。
    本質は勉強ができているか、ということであって、どんなに良い教材を使ったところで、
    本人がわかっていないければ何のプラスにもならないということです。

    だから、お父さん、お母さんがしっかり考えないといけないのです。

    ここが中学受験の難しいところです。

    希望する中学の入試に、
    どんな問題が出ているかご存知でしょうか?

    受験生に最も重要なことは、
    志望校の入試問題を解けることです。

    志望校合格は、本番で入試問題が解けるかどうかで決まります。

    中学受験生にとって過去問対策は最も重要です。

    本当に大事なのは、志望校の入試問題の傾向・パターンを頭に入れて、
    つまり志望校のことをよくわかった上で継続的に勉強していくことなのです。
    「この学校はこういう問題を出しているから、それを踏まえて勉強していこう」ということです。

    どの私立中学の入試傾向があります。簡単に言ってしまえば、
    「出る分野・単元」「問題量」「問題の難易度」は毎年決まっています。
    もちろん、全く同じ問題が出ることはありませんが、はっきりした出題傾向がありますので、
    それを事前に把握し、出やすいとこを重点的に勉強した方が有利なことは間違いありません。

    今、塾以外でも様々な選択肢があります。

    その中のひとつが、
    朝日新聞などメディアも注目されている
    日本最大級のEラーニングサイト「スタディ・タウン」です。

    解説しているのは、首都圏中学受験のトッププロ講師ばかりです。
    中学受験生が最も悩むのが受験勉強のやり方です。
    「今何をしたらいいのか?」「本当にこのやり方でいいのか?」「どうすれば受かるのか?」
    などの悩みにも答えてくれます。

    理にかなった勉強法を選択すれば合格率はぐっと上がります。

    何度も言うように、一番は、本人に合ったスタイルが大切ということです。
    通信で合格している人もたくさんいます。ひとつの選択肢としては有でしょう。

    スタディ・タウン中学受験
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ